webメディア
WEB MEDIA

サービス・ラインアップ

三永のつよみ

三永スピリッツ

採用情報

Webメディア

コンタクト

娘とサイクリング

2020.09.28

皆さんこんにちは
今回ブログを担当する藤永です。
よろしくお願いします。

私には、5歳になる娘がいます。
成長の早さに驚かされる毎日です。
今月の連休に河内長野にある
「関西サイクルスポーツセンター」へ
家族3人で出かけました。

娘は今年、自転車の補助輪を外して乗れるようになりました。
とは言え、少し前まで駐車場で練習する程度で
スピードもあまり出せず上手に曲がることができなかったのですが・・

それは2~3か月も前の話・・・

私は「関西サイクルスポーツセンター」で
屋外にある不思議な自転車や小さい子供向けの乗り物で
1日を過ごすつもりできました。
9/20は天気も良く涼しいこともあり家族連れで溢れていました。
1つの乗り物に約1時間もならぶ程です。
山の中にある昔からある「関西サイクルスポーツセンター」が
すごい人垣になっているのには驚きました。
施設側も以前と違いソーシャルディスタンスもあり詰め込んで乗り物に
乗せず1家族単位で乗せたり、毎回の消毒を実施していれば回転が遅くなるのでしょう。

昼を過ぎ
娘は自転車に乗りたいと言ってきました。
園の周辺3キロ程をサイクリングするというもの。
娘と同じくらいの背丈の男の子が自転車に乗っているの見かけたからです。
私と妻は娘に道は起伏が多いこと・途中での棄権はできないことを言いましたが
それでも乗りたいと・・・そこで私は娘に近くにある練習場でとりあえず練習をさせました。
そこでの娘は以前とは違いしっかりとペダルを漕ぎ、うまく曲がれるようになっていました。
それを見た私は一緒にサイクリングすることを決めました。

結果は完走。
道の起伏がきつい場所で止まることがありましたが、
娘には完走できたという良い経験ができたと思います。

少しずつできることが増えることを喜ぶ娘の姿は 眩しくそして見習わなければを思いました。

マッキーってサバゲーやってるって言ってたけど実際どんな事してるの?

2020.08.31

みなさん こんにちは

マッキーです(●´ω`●)

今回は私の趣味についてお話しします。
ここ数年、休日に力を入れてるのは
『サバイバルゲーム』通称 サバゲーです。
簡単に言うと限られたエリアでオモチャの鉄砲でBB弾を撃ち合うゲームです。
子供の頃遊んだ事ある方もいるのではないでしょうか。

そんなサバゲーですが、色々な遊び方があります。
一番多いのが森林フィールドです。
迷彩服を着て茂みに隠れながら
敵に気付かれないように撃つのが楽しいです。

もう一つは市街地フィールドです。
その名の通り市街地をイメージして建物や窓の形状した障害物を設置して
その中で戦います。
私はこちらが好きです。

もう一つはインドアフィールド
これは実際の建物内に障害物を作って戦います。
室内は薄暗いので光るBB弾を使って遊ぶのが楽しいです。


普段は1チーム10人から20人くらいで遊ぶ事が多いですが
先日、チームを組んで5人対5人で勝敗を決める大会があったので
参加してきました。
チームの連携力、失敗できない緊張感、試合に勝った時の喜び、悔しさ……
それらがいつもの3倍味わえるんです。
今回は予選で勝ち上がれたので11月に決勝トーナメントがあるので頑張りたいと思います。

スピード感があってスポーツ要素も多いので
楽しみながら運動不足解消、ストレス発散できます。
一石三鳥で心身共に健康になれる趣味なので
長く続けられたらいいなって思っています

再出発

2020.08.25

やっほーマッキーです♬

今回は牧野が担当します。

私は関東工場で2年間場内作業を担当してきました。

今年の3月から大阪本社で研修、

6月からは東京事務所で頑張っています(●´ω`●)

先日、関東工場近くを通ったので
少し寄り道をして外観を見てきました(´◉◞౪◟◉)
すでに別の業者さんが使っていました。
看板はもちろん変わっていましたが
外壁は三永グリーンのままでした。


半年前まで毎日通った場所ですが少し懐かしく思えました。
工場閉鎖が決まってからはパートさんからは『寂しいよ~』『三永が好きだったのに』とか
『三永に骨を埋めるつもりだったのに~』など
嬉しい声がたくさん聞けました。
パートさんの想いも背負って頑張らないといけないなぁと思いましたね。

関東工場での行きつけだった、居酒屋の架け橋でひらいた
パートさん達との最後の晩餐では、
沢山褒めてもらえた半面、
私の事を想ってダメなところもハッキリ言ってくれる優しい方もいました。
ほぼ全員が私より社歴が長い方達なので関東工場が始まった頃の話や以前居た社員の話など
普段なかなか仕事以外の話をすることが無いので色んな話が聞けて新鮮でした。
笑いあり、涙ありの楽しい会になりました。
勝手にパートさんの想いも背負いながら仕事したいなって思っています。
これからは現場での経験を活かして効率よく作れてお客様の希望にも答えれるような製品づくりがしていきたいです。

次回、『マッキーってサバゲ―やってるって言ってたけど実際どんな事してるの?』
です。

お楽しみに♪

趣味

2020.07.30

皆さん、こんにちわ!

生産管理部の中本です!

今回は自分の趣味について少し書かせていただきます。

自分の趣味を考えるとあまりにも無さ過ぎてびっくりしましたが、

その中でも唯一小さいころから続けているのはバス釣りです。

食べれない魚を釣って、釣れれば写真を撮ってその場でリリースするというのが

基本ですが、何が楽しいねんと言われればそこまでですがこの楽しさは

やっている人にしか分からないと思います。(笑)

自分は小学校2,3年生の頃からやっていて長い休みがあれば家族で他県に

泊まり込みで行ったりもしていました。

小学校5年生の時に52㎝のバスを釣ったんですが、

バスの引きが強く池に引きずり込まれそうになっているのを後ろから母親が

僕の体を持っていたのをよく覚えています。(笑)

ここ最近はあまり行けていないですが

今年の5月に兄と2人で行ったときに釣った写真です。

サングラスで隠れてますが満面の笑みです。。(笑)

朝の4時くらいから行って、確か14時くらいにやっと釣れてめちゃくちゃ

喜んでいる写真です。

この時で48㎝でしたので、小学生のころ釣った52㎝がどれだけ大きいかと

分かる方には分かると思います。

ロクマルと言って60㎝超えのバスのことを言うのですが

僕の最高は55㎝なので一度は釣ってみたいですね。

バス釣りをしている方なら目指すところです。

また近々行きたいと思います。

昔の自分のように

長男が大きくなってまだ釣りをしていればいつかは一緒に行ってみたいです。

何気ない日常に感謝

2020.07.17

皆さんお疲れ様です。

生産管理部の中本です。

今回2回目となりますが、よろしくお願いします。

梅雨明けももうすぐで、夏に近付こうとしている中ですが

東京では連日3桁の新規感染者が出続けており、

また緊急事態宣言が出るんじゃないかと心配です。

東京の皆さんも細心の注意を心掛けて、お過ごしください。

緊急事態宣言が解除され、自分も外に出ることが多くなりましたが

まだまだ予断を許さない状況が続いていると思いますので

もう一度気を引き締め直して感染しないようにしていきたいと思います。

皆さんもコロナ前の日常がいかに幸せだったのかと気付かされたと思います。

普通に過ごせない日々で、ストレスも溜まるかと思いますが

それぞれのストレス解消方を見つけ、日々に備えて行ければと思います。

因みに僕のストレス解消法ではないですが

自分の子どもたち3人の顔を見れば元気が出ます。

毎日早く帰って会いたいので仕事も頑張れますし、活力にもなります。

たまにおばあちゃんの家に長女と次女が泊まりにいったりしますが

家に帰るといないのでものすごく寂しいなと感じます。

皆さんからはそんな風に思われていないかも知れませんが、ほんとです。。(笑)

3人もいればかなりうるさいですが、そんな何気ない日常に感謝して

これからも頑張っていきたいと思います。

ウツクシイ物

2020.06.27

引き続きまして、小崎が担当します。

先日、中之島にある、大阪市立東洋陶磁美術館へ、

「天目茶碗」を観に行って来ました。

大阪市立東洋陶磁美術館

たまたま、

NHKの「歴史秘話ヒストリア-謎の茶碗はなにを語る?」を見た事で、

不思議な色身をした天目茶碗に興味を持ちました。

コロナの影響で、展覧会が延期となり、

緊急事態宣言開けの先日、観に行って来ました。

もちろん、陶磁器の知識なんてある訳も無く、

知識なんて無くても、観たまま感じたままでいいやん?って鑑賞スタイルです(笑)

説明が書かれたパネルを読めば、何となく鑑賞できます。

絵画の展覧会とは違い、

フラッシュを焚かなければ撮影「可」というのには驚きました。

ですので、記念に撮影。

「国宝 油滴天目」

国宝 油滴天目
国宝 油滴天目

何か少しでも興味を持てば、自ら足を運んで、見て感じてる事は大事だと思います。

それをした所で、「仕事」であり、「生活」の中で何かの役に立つのか?と問われますと、

役には立たないと言うしか無いのですが…(汗)

良く言えば自分の「感性を磨く」。

悪く言えば単なる「暇つぶし」。

いずれにしても「生活」を楽しむ上では、「暇つぶし」も大事かな?と思います。

身近な幸せ

2020.06.08

6月度のブログを担当する事になりました、製造部の小崎と申します。

よろしくお願いします。

新型コロナウイルス感染防止の為、

この間に皆さんの生活は大きく変わったかと思います。
自分なりに、緊急事態宣言の最中で感じた事を書いてみようと思います。


街に繰り出そうにも、感染防止の観点から、行動の「自粛」。

店舗の休業で繁華街からは人が消え、閑散とした街の映像は、

ニュース番組を通してご覧になられたかと思います。


時に街に繰り出して友人と会い、酒を酌み交わして、馴染みのお店で馬鹿話で盛り上がる。

そんな「普通」だと思っていた事が、実は「普通」では無く、

恵まれていたんだな…とこの間に気づかされました。

先日の大型連休期間中、

晩御飯に「焼肉」が食べたいという話しになったのですが、

せっかくの連休でも、そもそも出かけようにも出かけられない…。

出かけたところで、繁華街の商業施設も飲食店も営業していない。

じゃあ地元は?いや…特に何も無いわ。

そう思ってはいましたが、

地元の駅裏に、週末の3日間しかお店が開かない、

ブランド牛や国産の牛ホルモンが常に元値から半額で売っている精肉屋さんが

ある事を思い出す(お店が営業しているか不安でしたが)

スーパーの牛肉でも勿論いいのですが、たまには違う事をしてみようと思いました。
結果、少量ではありますが、お手頃な値段で豪勢な家焼肉が楽しめました。

「自粛」が無ければ、「地元」を振り返る事は無かったと思います。

緊急事態宣言が解除となり、普段通りの生活が戻りつつありますが、

皆さんの身近な「地元」を振り返って見ると、

気付いていなかった、素敵な「お店」や「場所」が見つかるかも知れませんよ。

NO MUSIC,NO LIFE

2020.05.28

みなさんこんにちは。

緊急事態宣言が段階的に解除されてきましたね。

徐々に様子見して焼肉とビールを堪能しに行きたい

5月ブログ担当 東京営業部の黒田です。

徐々に街が元に戻っていっている感じがしますが、

今まで通りの日常に一気に戻ることはまだまだ難しそうですね。

音楽好きとしては

今年夏の野外フェスやライブハウスでのライブが

今後も続々と中止になってるのは寂し限りです。

ライブハウスなんかで三密を避けるのは大変厳しいですし

人の入りを減らす=収入を断たれるのと同じで

大変厳しい状況だと思います。

昔ライブハウスにお世話になった身として

ライブハウス救済キャンペーンがクラウドファンディングで行われているので

思い入れのあるライブハウスに幾ばくかの助けになればと

私も申し込みをしようかと思っています。

まだ今まで通りフェスやライブハウス等で生の音楽は聴けませんが、

便利な世の中になりストリーミングサービスやYou Tube等で

色んな音楽が簡単に聞けるようになりました。

普段余り聞かないジャンルの音楽を

私はラジオや知人から教えて貰ったりして新しい発見をしているので、

普段聞かないジャンルの音楽に触れる機会になればと

私のお勧めを幾つか紹介したいと思います。

■Bring Me The Horizon /「amo」

2019年一番聞いたアルバムかもしれません。

特にmother tongueは何回聞いたか分からないくらい笑。

初期と現在とでは全然音楽性が違うバンドです。

前作「That’s The Sprit」もお勧め。

■underground resistance / 「A Hi-Tech Jazz Compilation」

テクノを聴いたことが無い人にも

是非聴いて貰いたい1枚。

Jazzの要素がふんだんなのでとっつきやすいはずです。

大音量ノリノリで聴くのがお勧め。

■電気グルーヴ/「Vitamin」

日本にテクノというジャンルを

一般家庭に浸透させたアルバムだと個人的に思ってます。

メジャー流通なのに10曲中、5曲がインスト。

今のPOPシーンではレコード会社が許してくれないですよね。

TB303のウニウニビヨンビヨンしたベースラインに脳みそ刺激されますよ〜

■Fleetwood Mac / 「The Best of Peter Green’s Fleetwood Mac」

Eric Claptonと並びホワイトブルースの名手と言われた

Peter Green在籍時Fleetwood Macのベストアルバム。

レスポールから紡ぎ出されるトーンが最高で私も影響を受けた一人です。

一人静かにウィスキーなんか飲みながら聴くと渋くてはまりますよ!

■TOOL/ 「Ænima」

ベヴィーロック界孤高のカリスマtoolの2nd。

コマーシャルな曲は一曲も無いのに全米初登場2位を記録。

どんだけみんな病んどんねんと当時は思いました笑。

ライブパフォーマンスが凄まじく

ボーカルはドラムセットの後で歌ってずっと姿が見えなかったり、

ボディーペイントや女装をし真顔で30秒近くシャウトしたりと、

とにかく凄いので興味のある方はでネットで調べてみてください笑。

■lostsge / 「PLAY WITH ISOLASON」

奈良をベースとするロックバンドで

私がバンドしてたときに対バンして衝撃を受けたバンド。

一時期メジャーで活躍していましたが

現在はインディーにフィールドを移して活躍中。

今年も新譜がでています。

「Routine」「Butterfly」「2:50」「下がった体温」は

今聞いても色あせない名曲なので是非!

個人的趣味全開のチョイスになりましたが如何だったでしょうか?

これから暑い時期が始まりますが、

感染予防と熱中症対策をして

ワクチンが出来るまでもう少し頑張って乗り切りましょう!

フェイスシールドを寄付させていただきました。

2020.05.28

このたび、当社で販売しておりますフェイスシールドを

京都市さま、奈良市さまにも寄付させていただきました。

微力ながら、新型コロナウイルス対策で奮闘されていらっしゃる方々の

お役に立つことができれば幸いです。

おうち時間

2020.05.19

はじめまして、

東京営業部の黒田です。

少しづつ初夏に近づき過ごし易い日々が過ぎていますが

皆様いかがお過ごしでしょうか。

COVID-19の終わりが見えない中、

大型連休もSTAY HOMEで皆さんおうちで過ごす時間を

色々工夫されたかと思います。

私の場合、NET配信を観て過ごす時間が多かったですね。

職業柄考えてしまうのですが、

TVメディアはここ数年ほぼ見てないない事に気付きました。

朝の時計代わりに付ける以外ほぼ見てません。

TVに魅力が無くなったのは色々なメディアで言われてますが、

私の場合やはりコンテンツに魅力を感じない、

出演者がワンパターン化してるのにマンネリを感じます。

その点、ネット配信はTVより自由度が高い分、コンテンツも豊富で

自分で見たい物を選べ何時でも見れるという利点が大きいのでしょうね。

2019年の「テレビメディア広告費」と「インターネット広告費」は

ついに逆転し転換期に入ってます。

https://www.dentsu.co.jp/news/release/2020/0311-010027.html

さてそんな中、

私がGW期間中にNetfrixの見た中でお勧めの物を何本か紹介したいと思います!

■ドロヘドロ https://dorohedoro.net

魔法により頭を爬虫類に替えられた記憶喪失の男が、

自分の顔と記憶を取り戻す姿を描いたダークファンタジー!

少しグロい描写もありますが独特の世界観にはまります!

■ペーパーハウスhttps://www.netflix.com/jp/title/80192098

教授と呼ばれる人物を中心とした強盗集団がスペインの国立造幣局に立てこもる強盗事件!

1話づつの展開が早く飽きないのとメンバーの心理状態に引き込まれていきます!

■NARCOS https://www.netflix.com/jp/title/80025172

アメリカの麻薬捜査官とコロンビアの麻薬王との戦いを実話を元に描かれたシリーズ!

地上波では絶対に描くことが出来ない描写や展開に目を奪われます!

■MIND HUNTER https://www.netflix.com/jp/title/80114855

1,970年代後半からFBIがプロファイリングの手法を確立させていく過程を中心にストーリーが展開。

監督はなんと「セブン」で有名なデビッド・フィンチャー!

TVドラマではあり得ないですよね。

淡々とストーリーは進行しますが気付けばどんどんハマって

あっと言う間に1シーズン見ちゃいます!

以上です!

それでは皆さん良いお家ライフを楽しみましょう!