webメディア
WEB MEDIA

サービス・ラインアップ

三永のつよみ

三永スピリッツ

採用情報

Webメディア

コンタクト

薔薇の花言葉

2019.11.27

こんにちわ。製造部の山崎です。

これから寒い季節になりますが、

今回は私が実家で育てている植物を紹介しようと思います。

植物、特に花は冬に咲くイメージがあまりないと思いますが、

実はいろいろなタイプが存在します。

このシクラメンはこの寒い時期にもこのような綺麗な花を咲かせます。

他にも実家では薔薇なども栽培していますが、

こちらは現在シーズンオフで花は咲いていません。

冬の間にしっかりケアする事で、

来年また新しい花を咲かせてくれることでしょう!

せっかくなので、

薔薇の花に纏わるエピソードを1つ紹介したいと思います。

薔薇には「赤」「黄」「白」などの色が存在しますが、

「青色の薔薇」は自然界には存在しない事をご存知でしょうか?

かつて青い薔薇の花言葉は「不可能」「ありえないもの」だったんですが、

今は「夢が叶う」「奇跡」「神の祝福」とされています。

何故花言葉が変わったのか?

それは薔薇の品種改良における技術の進歩が大きく関係しています。

花の色はアントシアニジンという物質の種類に

大きく影響されるのですが、

アントシアニジンには

① シアニジン

② ぺラルゴニジン

③ デルフィニジン

上記3種があり、

③のデルフィニジンが青や紫の花には多く含まれています。

アントシアニジンはそのまま植物の中で蓄積される事は稀で、

糖などと結合した状態で植物の中の液胞に蓄積され、

液胞のなかのPHやどんな糖や塩基と結合するかで、

青色が発現するかどうかが決まります。

バラ、カーネーションなどに青い品種がないのは、

デルフィニジンを蓄積できないからだと言われています。

しかし、その後、

品種改良を重ねた結果、

現在では青い薔薇も作り出す事が可能となりました。

(ちなみに青い薔薇の品種改良で成果を残しているのは、

飲料などでお馴染みのサントリーです。)

「不可能を可能にする」

正確には

「不可能を可能にした」

とても素敵なエピソードではないでしょうか?

ボランティア活動

2019.11.25

こんにちわ。製造部の山崎です。

私はここ数年、毎週金曜日の朝に

会社のボランティア活動に参加しています。

内容は会社およびその周辺地域の清掃活動です。

最初は自分がボランティア活動なんて出来るのか?・・・

と思っていた時期もありましたが、

今では、活動を始めて結構形になってきたのかなと思います。

「継続は力なり」

という言葉がありますが、まずは選り好みせず、

やってみる事。

そして続けていく事。

この2つが大切ではないのかと個人的には感じております。

週に1度だけの、毎週限られた時間のみの清掃活動は、

正直、大変地道な作業だと思いますが、

こういういった形で地域貢献出来る事を

最近は嬉しく感じております。

参加したい方、大歓迎ですので、

詳細はぜひお気軽に私までお問い合わせいただたら幸いです!

会社近隣の駐車場にて、溝の中にもゴミが。

回収したゴミは分別して処分。